アウトドア キャンプ

Last Updated2017/04/06

《おすすめソーラーパワーグッツ》自転車旅やバイカーに最適!

こんにちは。今日はアウトドアで便利なソーラーパワーグッツを紹介したいと思います。
これからの季節はキャンプや登山、シーカヤック、サーフィンといったアウトドアでの
アクティビティーが盛んになってきます。

せっかく輝く太陽のもとで過ごすのだから、そのパワーを体だけでなくソーラーパワーグッツを
使って充電し、明かりを灯したり、調理をしたり、スマホをチャージしたり、そのエナジーを
余す事なく頂いて、アウトドアでの活動をよりエコにワンランクアップさせてみるのもいいんじゃ
ないでしょうか?

スポンサーリンク

 

充電器の容量(mAh)は多い方がいいの?

容量(mAh)とは、充電器に溜めておける電気の量です。mAhはミリアンペアと読みます。
3,000mAh、5,000mAh、10,000mAhなど高い方が溜めておける電気の量が多いです。

アウトドアで最も充電が気になるのはスマホでしょう!電話ができなくなったら大変です。
まず、自分の持っているスマホやタブレットの電池の容量をチェックする必要があります。

iPhone5S:1560mAh
iPhone6:1810mAh
iPhone6 Plus:2915mAh

単三アルカリ電池: 950mAh
EVOLTA: 1000mAh
ここで、ソーラーパネルの充電器の容量が10,000mAhだとしても10,000mAh全てチャージ
できるわけではありません。
実際には変換ロスが発生して、実際の容量の6割~7割程しかチャージできません。単三電池に充電
しておけるタイプのものもありますのでサイズと重さと容量のバランスを考えて選んでくださいね。

それではおすすめのソーラーパワーグッツを紹介していきますね!

 

 

GoalZero(USA)
Nomad7 V2と
Guide10Plusのセット

スクリーンショット 2016-05-18 21.27.48スクリーンショット 2016-05-18 21.26.22
スクリーンショット 2016-05-18 21.26.32スクリーンショット 2016-05-18 21.26.47
値段:¥10800〜
【スペック】
Nomad7 V2
(サイズ)
収納時/16.5cm×22.9×3.0cm
展開時/43.2×22.9×2.5cm
重さ/460g
【充電時間】
ガイド10プラス バッテリーパック:約3-6時間
開放電圧:6.5-7V
変換効率:17-18%

 

バッテリーパック「ガイド10 」
サイズ/横6.4cm×縦10.2×厚1.9

重さ/60g(電池抜き)
生活防水
【適応充電池】
ニッケル水素充電池 単3型or単4型
フラッシュライト
100時間以上点灯(フル充電時)

収納バッグ
サイズ/横16.5cm×縦22.9×厚3.8

重さ/520g(ノマド7V2+ガイド10)
うす曇りでも効率よく発電する高性能パネル、ノマド7V2とバッテリーのセット。パネルは小さく
折りたたむ事もできるし、バックパックに取り付ける事もできるので、野外を移動しながら充電
もできる。出力用のUSBポートも付属、また充電器には非常用LEDライトも付いている。
人気です!
詳細はこちらから!

 

RAV Power(USA)
ソーラーチャージャー
折りたたみ式ソーラーパネル

スクリーンショット 2016-05-18 23.14.07スクリーンショット 2016-05-18 23.20.35
スクリーンショット 2016-05-18 23.14.25スクリーンショット 2016-05-18 23.14.58
値段:¥5399〜

【サイズ】
展開時/26cm×19cmx2.5cm
収納時/81cm×19cmx2.5cm
重さ/677g(電池抜き)
出力/15W
付属品/カラビナx4

※ソーラーパネルには蓄電機能はありません
登山やキャンプから災害時まで幅広く使える折りたたみ式のソーラーパネル。2つのUSB
ポートを搭載し、どちらに挿しても出力デバイスに合わせて急速充電を開始します。
A4サイズに畳めるのが素敵ですね。大人気です!
詳細はこちらから!

 

オーエス
どこでも発電コンパクトソーラー
GSS-1004B

スクリーンショット 2016-05-18 22.12.37スクリーンショット 2016-05-18 22.12.49
スクリーンショット 2016-05-18 22.13.04スクリーンショット 2016-05-18 22.13.37

値段:¥12960〜

【スペック】
ソーラーシート
(サイズ)
展開時/22.8×45.4×2cm
重さ/200g(シート+バッテリー)
防水性/IP13
【充電時間】
約3-6時間

 

モバイルバッテリーGSS-1004B
サイズ/2.5×2.4x10cm

電池容量/2600mAh/DC3.7V
【充電時間】
ソーラーシート/5時間
USB/5時間
フラッシュライト/
12時間点灯(フル充電時)
薄いソーラーシートとフラッシュライト型モバイルバッテリーのセット。わずか5時間の充電で
I Phone1台をフル充電できる。6点のハトメがあるのでカラビナでリュックや日当たりの良い
この枝などに設置できるのも嬉しい。
詳細はこちらから!

 

GRDE
15000mAh 2ポート
超大容量モバイルバッテリー

スクリーンショット 2016-05-18 23.44.10スクリーンショット 2016-05-18 23.45.43
スクリーンショット 2016-05-18 23.44.53

値段:¥2680〜

(サイズ)
幅15.8cm×奥行7.6x高さ1.6cm
重さ/281g
電池容量/15000mAh
【充電時間】
USB/10~12時間
USBとソーラーパネルの2種類の充電方法を持つ、超大容量のポケット充電器。使い方としては
基本的にはUSBケーブルで満タンまでしておいて、アウトドアに出かけた時は日当たりのいい
ところに置いておけば、電気を補ってくれます。ソーラーパネルはあくまで補助的な役割だと
思われます。でも15000mAhの大容量でこの値段はお買い得です!
詳細はこちらから!

 

バイオレッタソーラーギア
VS01

スクリーンショット 2016-05-18 22.48.26スクリーンショット 2016-05-18 22.49.04
スクリーンショット 2016-05-18 22.49.41
値段:¥4018〜

【スペック】
(サイズ)
幅5.7cm×奥行12.2x高さ2.7cm
重さ/125g(電池抜き)
電池容量/専用単3電池
1本/1600mAh

【充電時間】
単三2本/14時間
単四2本/5時間
スマホはもちろん単三電池や単四電池にも直接充電できるポケットサイズのソーラー
発電機。別売りのUSBパワーアダプターを接続すれば、スマホに充電できます。
専用単三電池2本付きはお得ですね。
詳細はこちらから!

GoalZero
トーチ250

スクリーンショット 2016-05-19 0.26.10スクリーンショット 2016-05-19 0.27.08
スクリーンショット 2016-05-19 0.28.00スクリーンショット 2016-05-19 0.27.22
値段:¥8939〜

(サイズ)
幅25.4cm×奥行8.9x高さ4.5cm
重さ/408g
電池容量/4400mAh
【充電時間】
USB/7時間
ソーラー/23〜46時間
ソーラーパネル・リチウム充電池・ダイナモ充電装置・USBハブを内蔵し、蓄電・給電ができる
LEDフラッシュライト。満充電で48時間連続点灯。USB充電、ソーラー充電、ダイナモクランク
による手回し充電に対応。これは便利です!
詳細はこちらから!

 

ハイマウント
ソーラーチャージャーダイナモラジオ

スクリーンショット 2016-05-19 0.47.34スクリーンショット 2016-05-19 0.44.46

値段:¥3780〜

(サイズ)
幅14.5cm×高さ8cmx4.5cm
重さ/236g
電池容量/600mAh
USB充電、ソーラー充電、ダイナモ手回し充電に対応した3wayエコラジオです。
フル充電でライト5時間、ラジオ5時間、スマホなら50〜60%の充電が可能。もしキャンプ中に
地震が起こったら、情報が命を左右します。スマホは最終的にはエネルギー効率が悪すぎます。
ダイナモで充電できるこのラジオは一家に一台必須アイテムです!!
詳細はこちらから!

 

LOGOS(大阪)
ソルチャージャー・スーパー

スクリーンショット 2016-05-19 0.05.24スクリーンショット 2016-05-19 0.05.13
スクリーンショット 2016-05-19 0.05.46スクリーンショット 2016-05-19 0.05.35

値段:¥12990〜

(展開サイズ)
幅21.2cm×奥行17.2x高さ2.2cm
(収納サイズ)
幅10.5cm×奥行17.2x高さ3cm
重さ/370g
電池容量/4000mAh
【充電時間】
USB/6時間
ソーラー充電/10時間
USBとソーラー両方から充電できるポケットサイズの充電器。満充電でスマホ2台分充電
できる優れもの。
詳細はこちらから!

 

まとめ

スマホをはじめ、僕たちはたくさんの電子機器に頼って暮らしています。キャンプでも写真を
撮ったり、動画を撮ったりと大活躍です。でもスマホが電話だという事を忘れてはいけません。
怪我をした時、救急車を呼んだり、山火事にあった時に消防所に電話したりする時に充電切れ
は命取りです。アウトドアには予備の電池を必ず持って行きましょう!

こちらもどうぞ
おすすめアウトドア用品紹介!《まとめ》

ここまで呼んで頂きありがとうございました。

Sponsored Links

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 6月 02日

キャンプグッツ一覧

キャンプグッツ一覧

おすすめ洋楽和訳一覧

おすすめ洋楽和訳一覧

アウトドアブランド解説(国別)

アウトドアブランド解説(国別)

ポイントサイトで10万円ゲット

ポイントサイトで10万円ゲット

キャンプと旅と独り言

キャンプと旅と独り言

アーカイブ

PAGE TOP