アウトドア キャンプ

《救急セットをおすすめ》登山やキャンプ怪我や病気の応急処置に必須

こんにちは。今日はアウトドアに出かける際に忘れがちな救急セットの紹介をしたいと思います。キャンプや登山に出かける時はつい楽しい事ばかりに目が向いて、万が一の時の事をあまり考えません。僕もそうです。

でも僕も子供の頃は、よくキャンプでケガをしました。楽しすぎてテンションが上がってしまい転んだり、火傷したり、ナイフで手を切ってしまったり、虫に刺されたり、アウトドアには意外な危険が潜んでいます。

そんな時、「あっ!絆創膏忘れた!」とか「消毒しなきゃ!」「包帯持って来ればよかった」とならない為に救急セットを1つ持っておけばいざという時に助けてくれます。これはバックパッカーやソロキャンパーにも言える事です。旅先で薬や包帯を探すのは手間ですし、実際ケガをしている時にそんな事をしている余裕はありません。備えあれば憂いなしです。まず、アウトドアで起こりやすい怪我や病気とその対処法を紹介しますね。

怪我は最初の処置が大事です。この対処を間違うと場合によっては後遺症が残ったり治療が長引いたり、大変なことになってしまいますので気をつけましょうね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

【アウトドアで起こりやすいケガや病気】

打撲・捻挫・骨折

スクリーンショット 2016-04-25 0.56.55
これが一番多いみたいですね。河原や森では石や木の根っこにつまずいて転んでしまう事がよくあります。打撲や捻挫の基本的な対処は

1.冷やす(氷や、川の水などで20分以上)
氷や冷水で冷やします。川の水が冷たい場合は足を川に漬けておきましょう。川の流れによって適度に圧が掛かりちょうどいいです。

2.安静固定
冷やした後は包帯などで患部が動かないように固定しましょう。軽度なものであればこれで問題ないです。骨折と捻挫や打撲を見極めるのは難しいので”内出血の量が異常に多いとか”患部の腫れが異常に硬い””発熱がある””痛みが常に一定などの場合には速やかに病院へ行きましょう!

 

頭部打撲

スクリーンショット 2016-04-25 0.58.56
軽度であれば傷口を水で洗い、ガーゼで圧迫しておけば大丈夫ですが、次の症状が見られたら脳挫傷や頭蓋内出血の危険がありますのですぐに救急車を呼びましょう。

頭痛が悪化する。
何度も嘔吐する。
反応が悪い、うとうとして起きない。(意識が低下)
手足の脱力。(力が入らない)
言葉が出ない、言葉が理解できない。
けいれんをおこす。

 

切り傷・擦り傷

スクリーンショット 2016-04-25 0.59.55
これは傷口の感染予防と止血の2ステップです。まずは飲料水などで傷口の汚れや異物を洗い流し、消毒液で消毒します。そして傷口に清潔なガーゼを当てて出血部位を手で圧迫します。
それでも出血が止まらない場合は患部を心臓より高く上げ、病院へ急ぎましょう!

 

 

火傷(やけど)

スクリーンショット 2016-04-25 1.01.13
火傷は即座に冷やす事です。軽度の火傷でも最低10分は川の水や氷で冷やすようにしてください。服の上から熱湯や油を浴びて負傷した場合は服の上から冷水をかけ、患部を冷やしてから服を脱がせましょう。水ぶくれは潰さずに清潔なガーゼで保護します。
スクリーンショット 2016-04-24 21.02.47
※2度以上の場合は傷が残ってしまうのですぐに病院へ行きましょう!

 

虫刺され

スクリーンショット 2016-04-25 1.02.38
これはよくあります。蜂やクモ、虻やムカデなどなど。中でも注意したいのは蜂ですね。山の蜂はアグレッシブです。

もし蜂に刺されてしまったら?

1.蜂のいる場所から遠ざかり、安全を確保



2.患部に針がが残っている場合はこれを取り除き毒を吸い出す。
スクリーンショット 2016-04-24 21.41.39
カードのような物で横に払ってください!針をつまむと毒が中に入ってしまうので注意してください!

 

スクリーンショット 2016-04-24 21.56.31
口で毒を吸うと歯茎などから毒が入ってしまう事があるのでリムーバーを使うようにしましょう!

 

③傷口に薬を塗り傷口を冷やす
毒を吸い出した後は薬を塗り幹部を氷やアイスパックで冷やしましょう。

 

【注意】
スズメバチや足長バチに一度刺されると、人は体の中に蜂の毒に対する抗体を作ります。そしてもう一度その毒が体内に入ると体が過剰なアレルギー反応を示します。それをアナフィラキシーショックと言って全体の1〜2%の人は重篤な症状を示す事がありますので以前に蜂に刺された事がある人は気をつけてくださいね!

 

 

腹痛

スクリーンショット 2016-04-25 1.03.43
外での腹痛は急性腸炎である事が多く下痢や便秘を伴う事もあります。他に症状が無い場合は胃腸薬を服用し、腹部を温めて安静にして様子を見ましょう!

 

 

熱中症

スクリーンショット 2016-04-25 1.04.25

熱中症の初期症状は、めまいや頭痛です。ひどくなると吐き気や意識障害、昏睡などをもたらします。対策としては初期症状を確認した時点で木陰やテントで休んでとにかく体温を下げる事に集中してください。同時にスポーツドリンクなどでの水分補給を忘れないようにしてください!

 

 

これらがアウトドアで起こりやすい代表的なケガや病気です。これを踏まえて救急セットとして必要なものを考えると?

・消毒液
・包帯とガーゼ+絆創膏やテーピング
・患部を冷やすためのアイスパック
・虫刺されの毒を出すリムーバー
・火傷や虫刺されのための軟膏
・胃腸薬と下痢止め+総合感冒薬

これらの物を小さいバッグなどに入れて持っていくのがいいと思います。キャンプや登山だけでなく、災害時にも使えますので1つあると便利です。

 

 

スポンサーリンク

 

エクストラクター(フランス)
ポイズンリムーバーAP011



値段:¥1830〜
サイズ:15.5cmx10cmx4cm
患部の大きさに合わせた吸引カップを装着たポンプを垂直になるように当て、気圧で毒素を吸い取る!これで蜂の毒も針と一緒に吸い上げてくれます。やっぱり毒抜きすると後の治りが
早いみたいですね。
Amazon楽天市場

 

 

Paladineer(パラディニア)
ファーストエイドキット

スクリーンショット 2016-04-24 22.39.45スクリーンショット 2016-04-24 22.39.57

スクリーンショット 2016-04-24 22.39.30
値段:¥1980〜
サイズ:20.5cmx13x5.5
重さ:431g
シンプルなファーストエイドキットです。最低限必要なものが揃ってます。ご自分でカスタマイズして使ってみて下さいね!
AmazonYahooショッピング

 

 

3M
キネシオロジーテーピング



値段:¥2027〜
《サイズ》
50mmx一巻
25mmx一巻

スポーツでおなじみのキネシオテーピングです。これは1つ持っていた方がいいでしょう!包帯の代わりにもなりますし、ガーゼの上から貼れば虫刺されや火傷の処置にも使えるし、捻挫や肉離れの時も使い勝手がいいです。包帯よりも巻きやすく、粘着力が強く長持ちしますので非常にアウトドア向きです。50mm幅1本と25mm幅1本あれば全身対応可能です。100円均一でも同じようなものが売られていますが、ものが違います。正規品をお勧めします。
Amazon楽天市場

 

 

Dueter(ドイツ)
ファーストエイド


値段:¥2570〜
※中身は入っていません
サイズ:18cm×11cm×5cm
重さ:75g
内側にポケットのいっぱい付いたドイターのファーストエイドバッグ。必要な救急グッツをこれに入れておけば無くすことはありません。とても収納性が高いですので自転車旅やバックパーーカーにもおすすめです!
Amazon楽天市場
 

まとめ

夏のキャンプにはどうしても虫が現れます。仕方ないですが、僕も今まで随分虫に刺されてきました。虫刺されは刺された時にしっかり処置しないと後が長引きます。抵抗力の弱い子供たちならなおさらです。万全の準備で楽しんでください。

こちらもどうぞ
おすすめアウトドア用品紹介!《まとめ》

ここまで読んで頂きありがとうございました

ABOUT ME
アバター
woojee
こんにちは。 ユージンです。キャンプと音楽と猫が大好きな40才です。 23歳でキャンプを始めて気付いたらキャンプ歴17年。 僕がキャンプをする目的はズバリ焚き火。 「いかに薪を効率よく燃やすか?」を考えながら焚き火をいじり回すのが大好き。 都会暮らしで身近に自然がない人にキャンプや焚き火の楽しさ、キャンプ道具のカッコよさを伝えていきたいと思っています。