健康生活

毛じらみ体験談!! 症状と治し方をお話しします

こんにちは。今日は僕が3年前にかかった毛じらみについて書いてみます。毛じらみって、話では聞いた事ありましたが、実際になってみると大変でした。症状も思ったより激しかったです。

シラミって怖いですね。

人生何があるかわかりませんね。

今、もし股間に違和感を感じている人がいたら、この記事に目を通しておいた方がいいでしょう。

 

 

Sponsored Links



 

 

毛じらみ症とは?

スクリーンショット 2015-11-12 18.23.59
毛じらみという吸血昆虫による性行為感染症とされています。実際には集団入浴などで感染する場合もあるらしいですが、性行為で卵が飛んで来て感染する場合が大半なんでしょう。

成虫の大きさは1mm〜2mmで、肉眼的には毛根にしがみついている時には「シミ」に、陰毛の間を移動している時は「フケ」にしか見えないので発見するのに苦労します。潜伏期間は1ヶ月〜2ヶ月です。人の毛根にしがみついてその血を吸って生きる昆虫がいるという事ですね。困ったものです。

 

毛じらみ体験談


あれは確か3年前の夏だったと記憶しています。その時僕は病院でリハビリの仕事をしていました。陰部に違和感を感じ始めたのは6月頃だったと思います。でもその時は、何となく痒いな?程度だったので放置しました

その後も違和感は無くならず、症状は少しづつひどくなっていきました。次第に強くなる痒みに不安を覚えていました。そして7月に入ったある日、仕事で患者さんにリハビリを施している最中に陰部に殺人的な痒みを感じ、トイレに駆け込み無心で掻きむしりました。

さすがにこれはおかしい!と思い僕は便座に腰掛け、自分の陰部を入念にチェックしました。すると、フケの様なものが取れたので顔を近づけてよく見てみました。よーく見ると、そのフケから足が生えていてウニウニ動いているのです。何だこれは!!

僕は完全に言葉を失いました。

スクリーンショット 2015-11-12 18.41.10
患者さんを待たせていたのでトイレで考え込むわけにもいかず、僕は気力を振り絞って仕事に戻りました。仕事を早退しようと思いましたが、頭が混乱してうまい言い訳が思いつきません。

何とか気合いでその日の仕事を終わらせ、家に帰ってもう一度その気持ち悪い虫を自分の股間から採取し、ネットで調べまくりました。間違いなく毛じらみでした。

一体どこで卵をもらったのか?

必死で記憶をたぐりました。

そういえばその一月ほど前に友達と行った夜の街の、あの店の、あのサービス。あれしかありません。全く夜の街には予想外の敵が潜んでいますね。皆さんも気をつけて下さい。

 

Sponsored Links



 

治し方

そして僕はすぐに毛じらみ退治に取り掛かりました。剃毛するのが一番手っ取り早いらしいんですが、少し抵抗があったので僕はまずしらみ取りシャンプーを試してみました。

スミスリンシャンプーという奴です。まず毛じらみのすみかにこのシャンプーを振りかけ、5分間放置した後に洗い流す。というものです。これを2〜3週間続ければ毛じらみは死ぬらしいですが僕はいち早く退治したかったのと、5分間待つのが耐えられなかったので仕方なく剃毛に踏み切りました。ついでに脇毛も剃りました。ユニットバスで鏡を見ながら1人で自分の毛を剃るというのは、何とも言えず切ない体験でした。

razor-blade-949102_1920

剃毛すればそれで安心か?

そうでもないらしく、毛じらみは時々毛根の奥に卵を産み付け毛が生えてきた頃に復活する事があるらしいのです。相手も必死ですね。だから僕はその後1ヶ月の間スミスリンシャンプーを使い続けました。これで毛じらみ退治完了です。

結局僕は病院には行かないでシャンプーと剃毛で治しました。病院に行けばもっと早く治ったかもしれませんが、恥ずかしいですよね。このシャンプーは薬局やネットで簡単に購入できます。僕もネットで買いました。

 

まとめ

毛じらみの症状はとにかく、どうしようもなく陰部がかゆいです。本当に痒いです。人前でも思わず掻きむしってしまう程です。

僕はポケットに手を突っ込んで血が出るほど掻きむしっていました。男性はまだいいですが、女性の場合は大変です。想像しただけでも気の毒です。もし、毛じらみの疑いのある方は早めに治してしまいましょうね!

ここまで読んで頂きありがとうございました!

ABOUT ME
アバター
woojee
こんにちは。 ユージンです。キャンプと音楽と猫が大好きな40才です。 23歳でキャンプを始めて気付いたらキャンプ歴17年。 僕がキャンプをする目的はズバリ焚き火。 「いかに薪を効率よく燃やすか?」を考えながら焚き火をいじり回すのが大好き。 都会暮らしで身近に自然がない人にキャンプや焚き火の楽しさ、キャンプ道具のカッコよさを伝えていきたいと思っています。