僕の独り言

派遣社員の憂鬱

こんにちは。今日は派遣社員の仕事について書いてみたいと思います。僕は今までに6つの
派遣会社で働いた事があります。ちなみに全て生産業です。この数が多いのか少ないのかわかり
ませんが、とにかく僕の職歴の約半数は派遣会社です。この経験を元に派遣社員の実態を語って
みたいと思います。これから派遣でもやろうかな?と考えている方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

 

派遣の歴史

スクリーンショット 2015-11-10 4.05.15

派遣業とは派遣されるスタッフが派遣元と雇用関係を結んだまま、派遣先で業務監督を受ける
というものですが、そのシステムが初めて日本に誕生したのは1966年だそうです。それ以前にも
江戸時代頃から人足貸し、人貸しといった労働力派遣システムが存在していました。

しかし1986年に労働者派遣法が制定されるまで日本では派遣という業務形態は認められていま
せんでした。そして1999年の規制緩和で「禁止業務以外の全ての業務に派遣できる」という
現在の派遣の形が出来上がりました。意外と新しいシステムなんですね。

 

派遣社員のいいところ

スクリーンショット 2015-11-10 4.05.54
一言でいえば、簡単に就職できて簡単に辞められるところです。それが一番のメリットです。会社
というのは1度入ってしまうと辞めるのに結構苦労します。会社を辞め慣れている僕でも退職する
のは一仕事です。

その点派遣はまだ楽な方です。基本的に僕は旅の資金が欲しくて派遣でお金を貯めて、旅から
帰ったらまた派遣で働く、というループにハマっていました。旅の資金を稼ぐには非常に都合が
良かったです。何か目的があって早くお金が貯めたい人にとっては悪くないです。

僕は1度、職場全体の80%以上が派遣社員という職場で働いた事があります。派遣社員というのは
概して労働意欲が低いもので、僕もそのうちの1人でした。社員の監視の目が届かないところで
さぼってばかりいたのを覚えています。その職場ではあんまり仕事をした覚えがありません。

こんなんでお金貰っていいのかな?と罪悪感を感じるほどでした。運良くゆるい職場に派遣されれ
ばこういう事もありますが、稀でしょう。

 

スポンサーリンク

 

派遣社員のつらいところ

スクリーンショット 2015-11-10 4.06.29

基本的につらい事の方が多かったですね。まず派遣社員に回ってくる仕事というのは単純作業
が多く、最初の1ヶ月位は工場見学みたいで新鮮なんですが、すぐに飽きてしまいます。

時間を切り売りするような先の見えない作業に何度も心が折れそうになりました。完全に心が
折れてしまう事もよくありました。

次に職場では、会社直雇いの正社員と派遣社員とでは明確に区別されます。帽子の色が違ったり、
黄色いワッペンを付けさせられたり、作業服の色が違ったり、方法は様々ですがとにかく誰にでも
わかるようになっています。仕事面や安全面から見れば仕方のない事かもしれませんが、決して
気持ちのいいものではありません。

工場に派遣された初日の昼休み、慣れない食堂ですみっこに座り、同じ色の帽子や同じワッペン
を付けた仲間を見つけようとキョロキョロ辺りを見回してしまう自分が嫌いでした。

そして、何故か親や兄弟に心配されます。しっかり毎日働いているにもかかわらず半人前扱いです
派遣社員という言葉には人を不安にさせる響きがあるようです。フリーターの方がまだいいような
気がします。

 

まとめ

トータルで考えて、派遣社員というのは良くも悪くも無い。というのが僕の意見です。状況次第
です。ただ、派遣社員でたまたま大企業に派遣されたからといってそこで頑張って正社員になろう
とするのはやりすぎでしょう!企業側は社員を正規に雇うほど仕事量が安定していないから
派遣会社を利用するんじゃないでしょうか?そこのところをしっかり理解した上で派遣という制度
を利用する分には悪くない働き方だと思いますよ

 

ABOUT ME
アバター
woojee
こんにちは。 ユージンです。キャンプと音楽と猫が大好きな40才です。 23歳でキャンプを始めて気付いたらキャンプ歴17年。 僕がキャンプをする目的はズバリ焚き火。 「いかに薪を効率よく燃やすか?」を考えながら焚き火をいじり回すのが大好き。 都会暮らしで身近に自然がない人にキャンプや焚き火の楽しさ、キャンプ道具のカッコよさを伝えていきたいと思っています。