僕の独り言

履歴書の憂鬱

こんにちは。秋ですね。空気がカラッとして天気も良くて、1年で一番好きな季節です。
今日は履歴書の書き方についてお話しします。僕は今まで13回転職してきましたので、
その分だけ履歴書を書いた事になります。その中で僕が得た教訓を紹介します。

スポンサーリンク

 

履歴書とは?

断っておきますが、僕は履歴書を書くのが大嫌いです。履歴書を書いてるとどうしても
自分を良く見せようとしてしまい、大きく書いた方がいいのか?とか写真のサイズは大丈夫か?
インクは滲んでいないか?趣味は?得意科目は?どう書いたら気に入ってもらえるのか?
という事ばかりが気になってしまいます。そしてそんな細かい事ばかり気にしている自分の
事がどうしても好きになれません。面接する前に自信喪失してしまいます。

そんな事気にせずに思い切ってありのままの自分を表現してしまえばいいのですが、
あの堅苦しい書式を目の前にすると何故か腕が縮こまってしまい、伸び伸び書けません。

自分を偽らないと、会社に受け入れてもらえない気がしてくるのです。不思議ですね!

そこで一体いつからあんなものがこの国に存在しているのか?少しだけ調べてみました

日本ではどうも明治時代の中頃から使われているらしいですね。
スクリーンショット 2015-10-29 16.29.50
※りれきしょ近代博物館webページより転載

これが大正時代の履歴書です。履歴書というのは昔から堅苦しいものなんですね!
でも今のものよりは簡略化されていて、書式も自由な感じで好感が持てます。

 

スクリーンショット 2015-10-29 16.46.07
そしてこれが現在よく使われている履歴書です。JIS規格帳票というやつです。やっぱり
これは何度見ても好きになれませんね。更に職務経歴書というオプションまで付いてきます
もう僕にはついていけません。

 

スポンサーリンク

僕の履歴書の書き方

僕なりの履歴書の書き方を紹介します。一流企業や公的機関などに就職を考えている人は
絶対に参考にしないでください。

まずは名前と住所と電話番号。これはそのまま書きます。そして顔写真。これも貼るしかない
ですね。面接の時に撮ってくれれば助かるんですけどね。

問題は次の学歴と職歴です。僕は大学中退なんですが、1度だけノリで卒業と書いてみまし
たが何ともなかったです。案外いい加減なもんですよね。

そして職歴。僕は職歴が多すぎてしっかり書くと職歴欄に収まりません。大体昔やった仕事の
事などもう覚えていません。本当に思い出せないんです。
despair-513528_1920

そこで、今まで就職した会社の中で思い出深かったものを2〜3社ピックアップします。
そして就業期間を大幅に偽り記入します。直前まで勤めていた会社には電話連絡がいく
場合があるのでなるべく本当の事を書きます。

ここで大事になってくるのは、面接で職歴について聞かれた時につじつまが合うように
自分の中でストーリーを考えイメージトレーニングしておく事です。最後に仕事を辞めて
からだいぶ時間が経ってしまっている場合などは、体調を崩していたとか、親が入院して
いたとか、それらしい理由を考えておかなければなりません。これをしないと面接官に
不信感を抱かせてしまいますので気をつけて下さい。

最後に資格欄 趣味欄 得意な科目欄です。これは空白でも問題ないと思いますが、角が
立つので何かしら適当に書いておきましょう!習字毛筆3級とか漢字検定3級とか、書いて
あれば何でもいいんじゃないでしょうか?

まとめ

僕は今までこんな感じで履歴書を書いてきました。その結果13回も転職を繰り返したわけ
ですから、あんまりおすすめはできませんが、履歴書というものはただ正直に書けばいい
というものではなく、なるべく相手が理解しやすいように分かり易く書く配慮も必要なん
じゃないでしょうか?

もし職歴が多すぎて困っている人がいたら
参考にしてみてください。

 

ABOUT ME
woojee
こんにちは。 ユージンです。キャンプと音楽と猫が大好きな40才です。 23歳でキャンプを始めて気付いたらキャンプ歴17年。 僕がキャンプをする目的はズバリ焚き火。 「いかに薪を効率よく燃やすか?」を考えながら焚き火をいじり回すのが大好き。 都会暮らしで身近に自然がない人にキャンプや焚き火の楽しさ、キャンプ道具のカッコよさを伝えていきたいと思っています。