アウトドア キャンプ

【ガソリンストーブおすすめ大人気ベスト5】登山や釣りに !

こんにちは。

今回はガソリンストーブを特集します。ガスストーブと比べるとちょっと敷居が高い感じがしますね。

ガソリンストーブの特徴は

・低温環境でも安定した火力

・ガスに比べ燃料が割安

・ガスのように使い終わったボンベを持ち歩かなくてすむ

やっぱり最大の魅力は寒さに強いパワフルな火力

ただ、プレヒート(余熱作業)やポンピングの手間や黒いすすが出るなども難点もあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

オプティマス(スウェーデン)
ガソリンストーブ123R SVEA

スクリーンショット 2016-06-06 23.52.07スクリーンショット 2016-06-06 23.51.46
スクリーンショット 2016-06-06 23.53.17
値段:¥12953〜
《最高出力》
1300kcal
《サイズ》
収納時/100mmx高さ130
ゴトク径/100mm
重量/550g
燃料/ホワイトガソリン

1899年にスウェーデンで創業した調理器具のブランド、オプティマスの100年以上続く名器です。しっかりとした燃焼音と共に、真鍮のボディがキラキラ光る様は思わず見とれてしまいます。
Amazon→楽天市場→

 

 

Coleman(オクラホマ)
フェザーストーブ442

値段:¥11780〜
《最高出力》
2125kcal
《サイズ》
直径130mmx高さ15.5
ゴトク径:130mm
重量/680g
燃料/ホワイトガソリン、
自動車用ガソリン
かつて”ピーク1ストーブ”と呼ばれ、アウトドアマンなら誰もが憧れた液体燃料ストーブの傑作。小型軽量ながらホワイトガソリンに加え、非常時に自動車用無縁ガソリンも使用可能。
Amazon→楽天市場→

 

Coleman
スポーツスターⅡ

スクリーンショット 2016-07-21 23.00.48スクリーンショット 2016-07-21 23.01.49
スクリーンショット 2016-07-21 23.02.04
値段:¥11242〜
《最高出力》
2125kcal
《サイズ》
使用時/直径140x140mm

重量/960g
《燃料》
ホワイトガソリン

シングルストーブの大定番モデル。ポンピングによる加圧でプレヒートなしに安定した燃焼が可能な使いやすいモデル。味わい深いレトロなデザインも◎
→楽天市場→Yahooショッピング

 

 

オプティマス(スウェーデン)
HIKER+(ハイカープラス)

スクリーンショット 2016-07-21 22.47.37スクリーンショット 2016-07-21 22.48.51
スクリーンショット 2016-07-21 22.50.03スクリーンショット 2016-07-21 22.50.54
値段:¥31300〜
《最高出力》
2850kcal
《サイズ》
収納時/100×180高さ100(mm)
重量/1590g
《燃料》
ホワイトガソリン、灯油、
ディーゼル油、ジェット燃料他

70年以上にわたり登山や極地遠征などで用いられてきた伝統的なモデル。欲しいです。
Amazon→楽天市場→

 

BRS(中国)
BRS-12A

値段:¥5865〜
《最高出力》
1820kcal
《サイズ》
直径110mmx高さ174mm
ゴトク径:192mm
重量/565g
燃料/ガソリン(93 #以上)、
ディーゼル、灯油

中華系アウトドアメーカーのガソリンストーブ。値段的にはいい感じですねー
Amazon

 

 

SOTO(愛知)
MUKAストーブSOD-371

スクリーンショット 2016-04-23 22.23.56

スクリーンショット 2016-04-23 22.24.55スクリーンショット 2016-04-23 22.25.15
値段:¥15480〜
(燃料ボトルは別)
最高出力/4000w
《サイズ》
使用時/幅135×奥行135×高さ80
収納時/幅80×奥行65×高さ80mm
ゴトク径/150mm
重さ/333g
(本体+ホース163g、ポンプ170g)

《使用燃料》
自動車用レギュラーガソリン、
ホワイトガソリン
プレヒート不要の分離型ガソリンストーブ。ダイヤル操作で火力調節が可能。デザインもGood。人気モデルです!
Amazon→楽天市場→

 

ここまで読んで頂き本当にありがとうございました。

 

 

ABOUT ME
アバター
woojee
こんにちは。 ユージンです。キャンプと音楽と猫が大好きな40才です。 23歳でキャンプを始めて気付いたらキャンプ歴17年。 僕がキャンプをする目的はズバリ焚き火。 「いかに薪を効率よく燃やすか?」を考えながら焚き火をいじり回すのが大好き。 都会暮らしで身近に自然がない人にキャンプや焚き火の楽しさ、キャンプ道具のカッコよさを伝えていきたいと思っています。