おすすめ洋楽 My Best 【訳付】

【エリッククラプトン名曲選】My Father’s Eyes (歌詞和訳)

こんにちは。

今日は僕が最近よく聞くエリッククラプトンの名曲を一曲紹介します。

とても爽やかな曲です。

ドライブしながら聴いてみて下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Eric Clapton/My Father’s Eyes
1998年リリース
アルバム:Pilgrim

【歌詞】

Sailing down behind the sun,
Waiting for my prince to come.
Praying for the healing rain
To restore my soul again.
太陽を背にして船を漕いでいき
プリンスが現れるのを待ちわびている
再び心を取り戻させてくれる
恵の雨を祈るよ

 

Just a toe rag on the run.
How did I get here?
What have I done?
When will all my hopes arise?
How will I know him?
When I look in my father´s eyes.
My father´s eyes.
When I look in my father´s eyes.
My father´s eyes.
俺はただ逃げ回ってるだけさ
どうやってここにきたんだろう?
俺は何をしてきたんだろう?
俺の望みはいつ叶うのだろう?
どうやって彼と知るのだろう?

父親の瞳を覗き込んだら
父親の瞳を
父親の瞳を覗き込んだら
父親の瞳を

 

Then the light begins to shine
And I hear those ancient lullabies.
And as I watch this seedling grow,
Feel my heart start to overflow.
日中の光が輝き始め
昔の子守唄が聞こえてくる
この種が育つのを見ると
胸がいっぱいで溢れてしまいそうだ

 

Where do I find the words to say?
How do I teach him?
What do we play?
Bit by bit, I´ve realized
That´s when I need them,
That´s when I need my father´s eyes.
My father´s eyes.
That´s when I need my father´s eyes.
My father´s eyes.
なんて声をかければいい?
何を教えるべきなんだ?
何をして遊べばいい?
少しづつ気づきはじめてるよ

今俺に必要なのは、
今俺に必要なのは、父親の瞳
父親の瞳
今俺に必要なのは、父親の瞳
父の瞳

 

Then the jagged edge appears
Through the distant clouds of tears.
I´m like a bridge that was washed away;
My foundations were made of clay.
俺が抱くイメージが
遠い涙の雲から現れる
俺は流された橋のようだ
橋の土台は粘土でできていた

 

As my soul slides down to die.
How could I lose him?
What did I try?
Bit by bit, I´ve realized
That he was here with me;
I looked into my father´s eyes.
My father´s eyes.
I looked into my father´s eyes.
My father´s eyes.
俺の魂が死んでいくとき
なぜ彼を失えるんだ?
何をしようとした?
少しづつ気づきはじめてるよ
彼は僕のそばにいてくれた
僕は父の瞳を見た

 

My father´s eyes.
My father´s eyes.
I looked into my father´s eyes.
My father´s eyes.

 

まとめ

クラプトンのギターは本当に素晴らしいですね。また、スティーブガッドと
ネイサンイーストのリズムパートも圧巻です。
僕はこのライブ動画が好きです。おすすめです!

ABOUT ME
アバター
woojee
こんにちは。 ユージンです。キャンプと音楽と猫が大好きな40才です。 23歳でキャンプを始めて気付いたらキャンプ歴17年。 僕がキャンプをする目的はズバリ焚き火。 「いかに薪を効率よく燃やすか?」を考えながら焚き火をいじり回すのが大好き。 都会暮らしで身近に自然がない人にキャンプや焚き火の楽しさ、キャンプ道具のカッコよさを伝えていきたいと思っています。