僕の独り言

ノマドワークという働き方

こんにちは!今日はなぜ僕がノマドという働き方を選んだのか?そんな事を書いてみようと
思います。興味のある方は読んでみてください。

スポンサーリンク

僕たちはいつか死ぬ。それは事実。平等です。それでは今生きている、限りある時間の中で
僕は何をするべきか?いや、何がしたいのか?

死ぬ瞬間に後悔しない為には今この瞬間をどう過ごせばいいのか?いきなりそんな事言われても
答えられない。わかりますその気持ち。
でも死はいきなりやってくるかもしれない。

だったらやっぱり今この瞬間から、
自分の一番やりたい事。
自分の一番いたい場所。
自分が一番一緒にいたい愛すべき人達。
というものすべてをできるだけ明確に自分で
知っていなければならない。
これはなかなか難しい。

でも自分ではわかっているはず。心の奥底ではだいぶ前から知っていたはず。わかってるけど、
経済的に難しい。
年齢的にちょっと。
将来性が乏しい。
もういい。考えるのはもうやめよう。
ちょっと肩に力が入り過ぎた。

chill-887008_640
少しリラックスしてみよう。日常の雑事から離れて一人になってボーッとしてみよう。
そうすればいいアイデアが浮かんでくるかも?

という風に考えて、浮かんできたアイデアが
ノマド生活でした。
自分に与えられた時間は自分のもので、その時間こそが人生なんだと思います。

だとしたら、その時間を使ってできるだけ
面白く、できるだけエキサイティングな人生
を送りたい。誰だって楽しい方がいいに
決まってます。

結局のところ僕はただ単に面白そうだから、ノマド生活を始めてみたんです。
自分の好きな場所で、自分のペースで仕事をする。収入だってもちろん自分次第。
大変だけど面白い。そして自由です。

とにかく1歩を踏み出せば、新しい世界が見えてくるはずです。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
それでは!!

ABOUT ME
アバター
woojee
こんにちは。 ユージンです。キャンプと音楽と猫が大好きな40才です。 23歳でキャンプを始めて気付いたらキャンプ歴17年。 僕がキャンプをする目的はズバリ焚き火。 「いかに薪を効率よく燃やすか?」を考えながら焚き火をいじり回すのが大好き。 都会暮らしで身近に自然がない人にキャンプや焚き火の楽しさ、キャンプ道具のカッコよさを伝えていきたいと思っています。