アウトドア キャンプ

《ナチュラルスピリット/スパイス/ホリデーロード》国産アウトドアブランド解説10

こんにちは。

冬ももうすぐ終わりですね。長い冬の後は待ちわびた春です。花見の準備はいいですか?

今回も国産アウトドアブランドを3つ紹介していきます。

どこからがアウトドアブランドなのか?線引きが非常に難しいですが、そこは僕の独断で
決めています。僕自身、手探りで書いていますので勘違いもあると思います。

何かご意見がありましたら、いつでもコメントしてくださいね。

スポンサーリンク

 

 

Natural Spirit


本拠地:新潟県三条市
1984年創業
株式会社モチヅキのオリジナルブランド。マグカップやカトラリー、ナイフに鉈など、
世界有数の金属加工の街、燕三条の職人たちの手によって、ていねいに作られています。

シンプルなデザインが特徴的ですが、熟練職人の手仕事が冴えますね。
また、カラビナ付きマグカップやスコップスプーンなど実用性を兼ね備えたアイデア商品も
多く、ユーザーを楽しませてくれます。

 

堅実な手仕事と、楽しいアイデアが融合する硬派なMade in Japan!
Official website

 

Pick Up Gear
ステンレスシェラカップ


値段:¥789〜
サイズ:4.4×11.1cm
容量:280ml
重さ:96g
素材:ステンレス
これ以上ないくらいシンプルなシェラカップです。無駄がありません。
気持ちいいですね。
Amazon 楽天市場

 

スパイス



本拠地:名古屋市天白区
1989年創業

ユニークなギアを展開する個性派の国内ブランド

オリジナル生活用品や雑貨で知られるブランドですが、アウトドア用品もたくさん
展開しています。

ユニークなデザインと使い勝手の良さが最大の特徴。蚊遣りや木製カップ、組み立て
簡易テーブルなど、人とは違うギアを求めるならスパイスで決まり。

子供が喜ぶかわいいギアが満載です。スパイスのギアでキャンプサイトを遊園地みたいに
してみるのも楽しいですね。
Official Website

 

Pick up Gear
スマイルLEDランタン


値段:¥680〜
サイズ:直径11cmx17cm
重さ:170g
電源:単三電池x4

点灯時間:50時間

テーブルライトとして、そして吊り下げてタープやテント内の照明としても使える
かわいい2wayLEDランタンです。クリスマスやハロウィンにも活躍してくれそうです。
コスパ最高です!
Amazon 楽天市場

 

 

HOLIDAY-ROAD

本拠地:東京都荒川区
1989年創業

創業者・佐野保夫氏自ら「世界一小さいアウトドアメーカー」といってはばからない
業界屈指の零細ブランド。

しかしそのアイデアと品質は世界レベル。焚き火台や、薪ストーブなど、派手さは
ないですが、堅実で繊細なモノづくりに対する情熱を感じます。

ホリデーロードの前身は、東京都荒川区の小さなプレス工場でした。

1989年、代表佐野氏が開いたアウトドアショップ、「Holiday Road」がきっかけ
でした。

その後、1992年に工場の機械を生かした初のHOLIDAY-ROADブランド製品
「ハッチインキャリー」を製造販売します。

それから少しずつ、しかし着実に製品を開発・販売して現在に至ります。

何となく理想的なアウトドアブランドという気がします。応援したくなります。
好きなことを仕事にする。そんな心意気を感じるMade in Japanです。
Official Website

 

Pick Up Gear
ツーリングテーブルVHS



値段:¥4500〜
サイズ:29.8×18.8x高さ10.6cm
収納サイズ/
28cmx18.8cmx10.4

重さ:650g
対荷重:10kg

ネーミングに歴史を感じますが、VHSビデオと同じ大きさに収納できるコンパクト
テーブルです。このサイズなら持ち運びが苦になりませんね。対荷重10kgというのも
頼もしいです。
Amazon 楽天市場

 

 

まとめ

国内アウトドアブランドを30ブランド紹介してきましたが、アウトドアブランドって
やっぱり好きじゃなきゃできないような気がします。外で遊ぶのが好きな人が、
好きが高じてそれをユーザーに提供するようになる。そんなアウトドアブランドが
僕は好きです。

こちらもどうぞ
おすすめアウトドア用品紹介!《まとめ》

ここまで読んで頂き
本当にありがとうございました!

ABOUT ME
アバター
woojee
こんにちは。 ユージンです。キャンプと音楽と猫が大好きな40才です。 23歳でキャンプを始めて気付いたらキャンプ歴17年。 僕がキャンプをする目的はズバリ焚き火。 「いかに薪を効率よく燃やすか?」を考えながら焚き火をいじり回すのが大好き。 都会暮らしで身近に自然がない人にキャンプや焚き火の楽しさ、キャンプ道具のカッコよさを伝えていきたいと思っています。