アウトドア キャンプ

最終更新日2017/04/07

《テンマクデザイン/モノラル/ローカスギア》国産アウトドアブランド解説6

こんにちは。明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今日も国産3ブランドを紹介していきます。この3ブランドは個性派に分類されるんじゃないかと
思います。

どのブランドもこだわりのある、国産ブランドです。来年の春に向けてチェックしておいた
方がいいかもしれませんよ。

是非見ていって下さい!

 

スポンサーリンク

 

tent-Mark DESIGNS



本拠地:栃木県宇都宮市
2011年創業
全国に18店舗をかまえる、アウトドアショップ「Wild-1」のオリジナルブランド。

2011年に「ニッポンのアウトドア」をコンセプトにスタートし、ブランド第一号製品
としてアイアンストーブを販売。

このストーブは料理がしやすいようにと工夫が施され、耐熱ガラスから炎のゆらめきが
見え、重厚な見た目がオールドキャンプスタイルによく似合うロングセラー。

また、各方面のスペシャリストとのコラボレーションアイテムも多く手がけており、
クラフト作家とコラボ製品などがユーザーの支持を集めている。

野営での営みを追求する、
硬派なMade in Japan!

Official Website

 

Pick Up gear
マルチホットサンドイッチメーカー

スクリーンショット 2016-08-01 19.51.15スクリーンショット 2016-08-01 19.50.47
スクリーンショット 2016-08-01 19.52.49
値段:¥6458〜
サイズ/全長403x幅133x厚28mm
焼き面サイズ/118x133mm
重量/330g
素材/アルミ
通常18mmの深さが一般的なところに28mmのクッカーをプラスすることにより、多彩なメニュー
を可能にしたホットサンドメーカー。6枚切りの食パンと分厚いロースカツを合わせたボリューム
満点のホットサンドも簡単に作れます。
詳細はこちらから!

 

MONORAL(モノラル)


本拠地:東京都町田市
2011年創業

創業5周年を迎えたインディーズアウトドアブランド。洗練されたデザインと、高い収納性
が人気の秘密。

「こんな方法があったのか!」と思わせるシンプルで効果的な機能を持ち、かつ人力で
運べるアイテムにフォーカスして製品開発する。

“マイクロキャンピング”をテーマに焚き火台を筆頭に機能性とデザイン性に優れた
アイテムを展開する。

特殊耐熱クロスを使った折りたたみ式の焚き火台が有名。デイパックに入る
収納サイズと、火床形状が特徴的。各種アタッチメントで機能を拡張できるのが
嬉しい。
ロゴが好きですね。

Official Website

 

Pick Up gear
Skyfilm200SIL

スクリーンショット 2016-05-19 23.39.53スクリーンショット 2016-05-19 23.40.19
値段¥29160〜
サイズ:400cmx410x高さ200
収納サイズ:10x10x30cm
重さ:900g
素材:ポリエステルxコットン
耐水圧1000mm/UVカット加工

※ポールとペグは別売りです
2011年発足のアウトドアブランドモノラルの空色のタープです。水にも強く、UVカット加工。
このデザインなら日陰がたくさん作れそうです。そして何より重量と収納サイズ。驚きです!
サイズは200と180の2種類。180はサイズ220x360x180、590g¥18900〜
詳細はこちらから!

 

 

LOCUS GEAR



本拠地:神奈川県相模原市
2009年創業
シェルターやタープを中心に展開する日本を代表するガレージブランド。

非常に軽量にもかかわらず、強靭なキューベン・ファイバーや、軽く、水に強く、強度 があり、
通気するタイ ベックと呼ばれる素材を使った美しいフォルムのシェルターが人気。
素材へのこだわりは定評があります。

また、モノポールシェルターの収納性、軽さは他に類を見ないでしょう。
とにかく軽く、コンパクト。そしてフィールドで映える見た目の美しさ。
こだわり派のMade In Japan!!
Official Website

 

Pick up Gear
Soris Sil



値段:¥120000
サイズ:300x600x高さ185cm
収納サイズ:直径17cmx47cm
重さ:1.87kg
素材:シルナイロン
6〜8人用
大型のフロアレスシェルターです。ツインピークスの美しいシルエットが最大の特徴。
この大きさで重量が1.87kg。すごいですね。
詳細はこちらから!

 

まとめ

そろそろ春のキャンプの準備を考えてる人も多いでしょう!
今年はこだわりの国産グッツでフィールドで注目を集めてみるのもいいんじゃないでしょうか?

こちらもどうぞ!
おすすめアウトドア用品紹介!《まとめ》

ここまで読んで頂き
本当にありがとうございました!

 

 

 

 

スポンサーリンク
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 1月 25日

キャンプグッツ一覧

キャンプグッツ一覧

おすすめ洋楽和訳一覧

おすすめ洋楽和訳一覧

アウトドアブランド解説(国別)

アウトドアブランド解説(国別)

ポイントサイトで10万円ゲット

ポイントサイトで10万円ゲット

キャンプと旅と独り言

キャンプと旅と独り言

アーカイブ

PAGE TOP