焚き火におすすめ!洋楽レゲエの名曲!Stephen Marley feat.Capleton,Sizzla/Rock Stone

こんにちは。5月は焚き火シーズンです。気候がちょうどいいのと適度な風が吹いてよく燃えます。
今日は焚き火の時に聞いてほしい曲を紹介します。大型連休も残すところあと1日です。
みんなで火を囲んで楽しんで下さい。

スポンサーリンク

 

※動画をバックグラウンド再生して和訳を
見ながらお楽しみください!
I Phoneでyouyube動画をバックグラウンド
再生する方

アンドロイドでyoutube動画をバクグラウンド
再生する方法

Rock Stone
Stephen Marley feat.Capleton,Sizzla


Rock Stone I tune storeでCheck!

《リリック》

Rock Stone was my pillow
Rock Stone was my pillow
Rock Stone was my pillow
I say, Rock Stone was my pillow
Rock Stone, was my pillow
石を枕にして
石を枕にして
石を枕にして寝ていたんだ
俺らは石を枕にして寝ていたんだ
石を枕にして

 

(Capleton)
And a man say
Rock stone was my pillow could not find
place fi sleep

Pot dem empty we haffi find food fi eat
Everyday we terrorize by
soldier and police

When the thing dem a drum and
di thing dem a beat

From dem a play cowboy, and
Indian, and Chief

From the first, to the third,
straight up to seven street

One thing in a wi mind a fi
trample di beast

And make it in a life, and i
nherit as the meek

俺らは
石の枕を片手に寝場所を探し求めているのだ
鍋も空になり食べ物を探さなくては
毎日のように警察と兵士に恐怖で支配されている
奴らはドラムやビートを掻き鳴らし
まるでインディアンを追うカウボーイ気分で
一番から七番通りまで俺らを追いかけ回す
俺らの頭の中は奴らを踏み潰したい気持ちで一杯だ
自分の人生は自分で作り、次へと引き継いでいけ

Better the stone dem deh yah
Self employed, cannot get lay off
Mount a work mi have
Can’t even get a day off
Who did waan fi stop mi now dem
find out seh dem way off

Alright, and mi seh one by one,
one by one

One by one, wi stepping out a babylon
Then one by one, one by one
Hail King Selassie the conquering lion
手にしている石を投げつけろ
自分の稼ぎを見つけるんだ、
そうすればクビになんてならない

俺らにはやるべきことが山積みだ
休んでいる暇なんて無いぞ
俺を止めようとしても追いつくことすらできない
一歩一歩前へと進み
バビロンから抜け出せ
一歩ずつ一歩ずつ
セラシアイの元へと近づくのだ

Rock Stone was my pillow
Rock Stone was my pillow
Rock Stone was my pillow
I say, Rock Stone was my pillow
Rock Stone, was my pillow
石を枕にして
石を枕にして
石を枕にして寝ていたんだ
俺らは石を枕にして寝ていたんだ
石を枕にして

 

(Sizzla)
Help us Jah
Take us from the slum
Never give up no matter what,
strictly fiyah burn

Hail Rasta, take us from the slum
Never give up matter what
King Selassie I blessing come

Sufferation is thing could be
no harder time

Got to widen your views, got to
broaden your mind

What we face in the ghetto,
nowhere else can you find

Hunger, Poverty, a system so unkind
As a matter a fact, there is an
after shock

When the ground was my bed and
my pillow was a rock

Try to make it through the system
all the doors were lock

Yet nothing beats a try so I ain’t go stop
Mount a time they write a book on you
A set amount ah crap they’d ah
put on you

Yet when yuh in the dirt they
wouldn’t look on you

They would only scorn and wanna
wipe the foot on yuh

So open up, Zion door
Ethiopia, Africa for sure
Liberate the poor, the poor, ehhh
神よ、救い給え
このスラムから出してください
何があろうとも諦めてはならない、
炎を灯し続けるのだ

ラスタよ、スラムから抜け出させてください
セラシアイのご加護がある限り、
何があっても諦めるな

この苦しみもそう長くは続かない
視野を広げ、多角的に考えろ
ゲットーで目にするもの全て
飢餓、貧困、不平等はここでしか見れない光景だ
これは世界で起こっている事のしわ寄せだ
土のベッドと石の枕で寝ていた頃
このバビロンでは全てのドアが閉ざされていた
だが、そんなことで俺は諦めなかった
これからも色んな人に評論されるだろう
酷い言葉も投げつけられるだろう
だが泥に埋もれている者は誰にも
見向きもされない

光輝いているからこそ、
足元をすくおうとする連中が現れるのだ

ザイオンの扉を開けて
アフリカ・エチオピアの大地を目指すんだ
この貧困から自由になるのだ

 

Mi nah lie, true mi hail Selassie I
dem wah fi war I

Read mi bible turn to peace and
praise Tafari

Good bye Babylon goodbye, goodbye
Open up, zion door
Mount Zion Ethiopia for sure
Children of Israel children of Israel, ehh
俺は神を崇め、自分を守る為に戦う
聖書を読み、ラスタを賞賛し、平和を求める
バビロンに別れを告げるのだ
ザイオンの扉を開けて
アフリカ・エチオピアの大地を目指すんだ
古代イスラエル人の子どもたちよ

 

Rock Stone was my pillow
Rock Stone was my pillow
Rock Stone was my pillow
I say, Rock Stone was my pillow
Rock Stone, was my pillow
石を枕にして
石を枕にして
石を枕にして寝ていたんだ
俺らは石を枕にして寝ていたんだ
石を枕にして

 

(Stephen Marley)
Hear me now
Jah man me cool, nuh stumble like you
walk pon di street,
me nuh gwaan for fool

arrive at the dance, di mic a mi tool
Eat pon table, sit inna stool
me black, me brown me brown no black
ribs and mi chest, mi spine and mi back
Wait til you hear,
when dis riddim drop head

yuh toe, yuh body a rock,
from me pon di mic

Steve Marley ah chat, firm and strong
Doh step pon the lot

The peaceful, righteous, Rastaman
Rod of correction, inna him hand
Preachin’ out to man and woman,
give riches to King Solomon
聴いてくれ
神に仕える男はいつでも冷静だ、
お前みたいに躓いたりしない

ストリートで愚かな過ちはしない
手にする道具はマイクだけだ
椅子に座り、テーブルで食事をする
俺は肌の色が薄くても心は黒人だ
身体のどこをとっても黒人だ
このリディムと俺の歌が流れた途端
頭からつま先までもが踊りだす
俺は堅く力強い歌を歌うが
性格は温和で有徳なラスタだ
懲らしめの杖 を片手に
人々を説いてまわり
ソロモン王の為に富を築く男だ

 

Now, bass come out, and treble a top
Cap an no buck, an nuh buck a no cap
Sweetest singer, was Sugar Minott
Man a come in and ah give me a shot
Dracula turn inna vampire bat
When him see sun, him cyah take dat
Eyes dem dark, fi use contact
I pon the mic, Raggamuffin a chat
Fi mi head dread, me head it no plat
Nuh fraid ah no mouse, nuh fraid ah no rat
Pray to Jah, me never will stop
We hot no cold, wah cold nuh hot
Live in a house, no live in a flat
Up inna Zion, di righteious will top
Jah blow breeze, the devil cannot
ベースが鳴り、高音が響くと
全ての人が踊り出す
スイートなシンガーと言えばSugar Minottだ
男たちはガンフィンガーを挙げ
背後から迫るドラキュラたちは散り去っていく
奴らのドス黒い目は
太陽のように明るい存在に耐えられない
俺はマイクでラガマフィンなチャットをかます
フリースタイルがこのドレッドの頭から
湧いて来る

コソコソしたネズミのような奴らなんて
恐れるに足りない

神への祈りを止めることは無い
俺らは常に熱いんだ
平屋ではなく、立派な家に住もう
正しい心が集まるザイオンの地で
神の息吹を感じながら

 

Rock Stone was my pillow
Rock Stone was my pillow
I say, Rock Stone was my pillow
Rock Stone, was my pillow

 

出典:Rockers Channel ロッカーズチャンネル

まとめ

まず、この動画を見て僕が初めに思ったのはケイプルトンが太ったという事です。僕が高校生の
頃はケイプルトンはもっとシャープでした。まさにボボという感じでした。随分変わりましたね。
でも声は昔のままですね。シズラも健在で安心しました。この曲はとにかく豪華な顔ぶれです。
リリックも大量です。このリリックを翻訳したロッカーズチャンネルには脱帽です。

他の曲はこちらからどうぞ
おすすめ洋楽 My Best 記事一覧

ここまで読んで頂きありがとうございました

スポンサーリンク
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 5月 12日

アウトドア用品《まとめ》

http://woogee.info/3318.html

おすすめ洋楽 My best【訳付】

おすすめ洋楽 My best【訳付】

パワーストーンで健康になろう!

パワーストーンで健康になろう!

キャンプと旅の日記

キャンプと旅の日記

僕の独り言

僕の独り言

ポイントサイトで10万円ゲット!

ポイントサイトで10万円ゲット!

おすすめ記事

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る