6歳の思い出

こんにちは。今日は独り言です。
もうすぐ入学式ですね。僕の散歩道には小学校があります。今は春休みで子供達はいませんが、
校庭の桜は見事に咲き誇っています。

校庭の桜を見ると、時々思い出す出来事があります。それは僕が小学校の1年生の時の話です。
もう30年以上前の出来事なのに、37歳になった今でも割と鮮明に覚えています。
今日はその話をしたいと思います。

スポンサーリンク

 

忘れられない思い出

スクリーンショット 2016-04-04 23.29.05
もう30年以上前の話なので古い記憶になりますが、何とかその古い記憶をたどってみようと
思います。

僕が小学校1年生の時、同じクラスにすごく仲のいい友達がいました。名前は優君。優君とは
気がついたら仲良くなってました。
子供の集中力って凄いですね。一旦夢中になって一緒に遊べばすぐに仲良くなってしまいます。
うらやましいです。

とある冬休み前の金曜日、
優君がこんな事を言ってきました。
今日の帰りに文房具屋で筆箱盗っちゃおうぜ!
当時僕達のクラスでは2段式のカンペンケースが流行っていました。
優君はそれをもらっちゃおう!と言うのです。
要するに万引きの誘いです。

何故こんな話になったのか?
全く覚えてませんが、子供の考える事なんて大人には到底理解不能です。不安だった僕はもう2人
友達を誘いました。そして4人集まり計画を練ったような記憶があります。
小さな盗賊団の結成です。

僕達の通っていた小学校はわりと大きく、下校用の門が正門と裏門の2つありました。僕達4人は
普段裏門から登下校していたので、正門前の店なら大丈夫だろう!そのぐらいの申し合わせだった
と思います。
恐ろしい浅知恵です。
門は違っても正門です。
正門前の店で万引きなどしたらどうなるか?くらい想像出来ないものでしょうか?やっぱり、
6歳の子供の考える事など理解出来ません。

とにかくその無謀な計画は実行に移されました。
僕達4人は店に入りカンペンケースをポケットに入れました。そして店を出ようとしたその時、
「ちょっと!あんた達!」
店のおばちゃんから声が掛かりました。

友達のうちの1人のポケットからカンペンケースが半分出ていたのです。これでは丸わかりです。
小さな窃盗団の犯行は大失敗に終わり、僕達はカンペンケースを返し、おばちゃんに怒られて
家路につきました。

この日は本当に不安だったのをよく覚えています。寝る前に僕は神様に「今日の事は無かった事
して下さい!お願いします!」と祈りました。勝手なものです。
スクリーンショット 2016-04-04 23.47.42
そして次の日の土曜日です。当時は土曜日も半日授業がありました。僕達4人は顔を見合わせては
不安を確かめ合っていたような気がします。授業が無事終わり、僕達はホッと肩をなでおろしま
した。
もしかしたら、神様が僕の言った事を聞いてくれたのかもしれない」と半ば本気で思い、家に
着いた瞬間、母親にグーで殴られました。普段、ほとんど手を挙げない母親だけに僕は恐怖に
ふるえました。
神様!話が違うじゃないですか?

そのまま首根っこをつかまれ、学校まで引きずっていかれました。土曜の午後、誰もいない学校に
呼び出されました。共犯者3人とその母親も来ていました。

あんた!なんでこんな事するの!情けない‥
ちゃんとおこずかいあげてるでしょ?
あんた!自分が何やったかわかってるの?

4人の母親達はみんな泣いていました。担任の先生も「私の責任です」と泣いて訴えていました。
でも優君だけは泣いていませんでした。ずっと下を向きうつむいたままでした。今でも印象に
残っています。
首謀者としての自覚か?
それとも単純にお母さんが優しかったのか?
今でも謎です。

スポンサーリンク

僕はこの事件を起こす3ヶ月前、学校でうんこを漏らしました。便意をもよおし、トイレに行った
のですが、学校のトイレで大便をする事に慣れていなくてモジモジしてる間に漏らしてしまった
んです。自分の排泄もまともにコントロール出来ない子供が盗みを働くなんて世も末です。
本当にごめんなさい‥

その後家に帰って父親に頭の形が変わる位殴られました。あの時の事は頭痛と耳鳴り以外よく
覚えていません。長い間押し入れに閉じ込められていたような気もします。

しばらくして冬休みに入りましたが、兄弟の中で僕だけ外出禁止、おこずかいとクリスマスプレ
ゼントとお年玉カット。従兄にも会いに行けず、子供にとってはまさに悪夢のような冬休みで
した。
スクリーンショット 2016-04-05 0.03.24
無事冬休みも終わり、3学期が始まりました。”雨降って地固まる”悪事を共有した僕達4人は
強い絆で結ばれ、以前よりも仲良くなりました。子供の考える事はよく分かりません。

そんな時、優君がお父さんの仕事の都合で転校してしまうという知らせを聞きました。
複雑な気持ちでしたが、子供としてはどうする事も出来ません。
僕と優君は一緒に遊べる残りの日数を数えていたような気がします。

そして3学期も終わり3月31日、
担任の先生の離任式の日です。
校庭には早めの桜が咲いていました。
迷惑をかけてしまった先生を見送り、校庭で優君と遊びました。あっという間にお昼になり、
おうちに帰る時間です。

その時優君が「ご飯食べたら戻って来てまた遊ぼうよ!」と言いました。僕は「うん!いいよ!
と答え、校庭を後にしました。お互いに別れが辛かったんだと思います。

 

でも結局僕は校庭には行きませんでした‥
何故行かなかったのか?
辛い別れがいやだったのか?
あの悪夢のような出来事に蓋をしたかったのか?
単に面倒くさくなってしまったのか?
子供の考える事は本当によくわかりません‥

でも校庭の桜を見ると今でも優君の事を思い出します。優君ごめんなさい‥

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アウトドア用品《まとめ》

http://woogee.info/3318.html

おすすめ洋楽 My best【訳付】

おすすめ洋楽 My best【訳付】

パワーストーンで健康になろう!

パワーストーンで健康になろう!

キャンプと旅の日記

キャンプと旅の日記

僕の独り言

僕の独り言

ポイントサイトで10万円ゲット!

ポイントサイトで10万円ゲット!

おすすめ記事

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る