キャンプ場の必需品!オススメ焚き火台ベスト7!!

sweden-123784_1280

こんにちは。今日はキャンプの必需品、オススメの焚き火台を紹介したいと思います。
僕が子供の頃はどこのキャンプ場も直火OKだったと思うんですが、最近ではどこのキャンプ場も
直火禁止が増えてきました。焚き火のないキャンプなんてキャンプとは呼べませんね。

焚き火台は必須アイテムです。でも種類が一杯ありすぎてどれがいいのか?わかりませんね。
そこで今日は僕のオススメを紹介しますので、これから焚き火台の購入を考えている人は参考に
して下さい。

こちらもどうぞ!
《多機能型焚き火台おすすめベスト7》超便利!

スポンサーリンク

 

 

焚き火台の種類

焚き火台は大きく分けて2つに分けられると思います。1つ目はBBQグリルと兼用の焚き火台です
スクリーンショット 2015-12-05 20.09.54 スクリーンショット 2015-12-05 20.07.35

炭床がステンレスでできているものが多いです。料理が終わったらそのまま焚き火に移れるので
とても便利です。炭も無駄になりません。何よりも安定感があります。こちらのタイプが一般的
じゃないでしょうか?

ただこのタイプの焚き火台は大体3〜6kgと重いです。車でサイト内まで入れるキャンプ場はいい
ですが、駐車場からサイトまでが離れているキャンプ場だと、持って行くのに苦労します。
持ち運びをそんなに気にしない方にはこちらがオススメです。

 

2つ目は炭床の部分がクロスやメッシュになっているものです。
スクリーンショット 2015-12-05 20.27.18 スクリーンショット 2015-12-06 0.20.41

こちらのタイプはメッシュが破けたら交換しないといけませんが、小型で軽いものが多いです。
焼き網を乗せれば料理も充分にできます。それに灰を捨てるのも楽ですね。ソロキャンプや
バックパッカーの方にオススメです。



オススメの焚き火台

 

1.UNIFLAME
ユニフレーム(新潟)
ファイヤーグリル

スクリーンショット 2015-12-05 20.45.12 スクリーンショット 2015-12-05 20.47.47
値段:¥6300〜
サイズ:縦430mmx横430x高さ330
収納時:縦380mmx横380x暑さ70
重さ:2.7kg
耐荷重:20kg
これが一番売れているみたいですね。確かにこの焚き火台はよく見かけます。大きさも丁度いい
し、耐久性も問題ありません。値段も手頃でいいですね。何を買おうか迷ったら、これで問題ない
と思います。評判も悪くないですね。
詳細はこちらから!!

 

2.LOGOS
ピラミッドグリルEVO

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-1-12-59%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-1-15-30
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-1-14-59%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-30-1-12-47
値段:¥9730〜
サイズ:縦39cmx横39x高さ26
収納時:縦41.5cmx横26.5x厚8
重さ:3.2kg
焚き火、バーベキュー、ダッチオーブン、3つの使い方ができるグリル。灰の受け皿が付いて
いるので、地面が汚れません。サイズが選べるのも嬉しいですね!
詳細はこちらから!

 

3.Captain Stag(新潟)
ヘキサステンレスファイアグリル
M-6500

スクリーンショット 2016-02-18 0.58.48スクリーンショット 2016-04-27 20.14.39

スクリーンショット 2016-02-18 0.59.11
値段:¥4712〜
サイズ:幅475×奥行410×高さ300mm
収納サイズ:570×470×厚さ60mm
重さ:3.8kg
キャリーバック付き
スタンドと本体を広げてセットするだけ。簡単な構造ながら抜群の安定性を誇る人気グリル。
ステンレス製で錆びにくいのも嬉しいです。
詳細はこちらから!!

4.Captain Stag
イージーファイアグリル

スクリーンショット 2016-07-15 21.33.44スクリーンショット 2016-07-15 21.34.00
スクリーンショット 2016-07-15 21.35.22
値段:¥2836〜
サイズ:幅525×奥行525×高さ340mm
収納サイズ:400×400×厚さ130mm
重さ:3kg

網を置けば、ロースタイルのバーベキューグリルにもなる焚き火台。耐荷重20kgと、作りは
しっかりしているのでダッチオーブンクッキングにも使えます。値段が手頃なので気軽に使え
ますね。
詳細はこちらから!

スポンサーリンク

 

5.Coleman(オクラホマ)
ファイアーステージ

スクリーンショット 2016-05-15 0.02.46スクリーンショット 2016-05-15 0.02.29
スクリーンショット 2016-05-15 0.04.08スクリーンショット 2016-05-15 0.03.47
値段:¥4560〜
サイズ:縦30cmx横30x高さ29
収納時:縦30cmx横30x暑さ9
重さ:2kg
専用のBBQ焼き網が付いた錆に強いオールステンレス製の焚き火台。コンパクトな設計で、
狭いキャンプサイトでも安心して使えます。ダッチオーブンも使えます。
詳細はこちらから!

6.Coleman コールマン
ステンレスファイアープレイス3

スクリーンショット 2015-12-05 23.43.46 スクリーンショット 2015-12-05 23.41.18
値段¥12905〜
サイズ:縦415mmx横465x高さ345
収納時:縦415mmx横305x高さ155
重さ:5.7kg
これも定番でしょう。大きくて重いですが、がっちりしていて安定感があります。これなら安心して
薪をボンボン放り込めます。取っ手が付いているので持ち運びにも便利です。付属品として
収納ケースと焼き網が付いてきます。焼き網はとても大きいのでファミリーにピッタリです。
ただステンレス製の炭床が脆いとの声も聞きます
詳細はこちらから!!

 

7.Snow peak
スノーピーク(新潟)
Takibidai

スクリーンショット 2015-12-05 21.13.21 スクリーンショット 2015-12-05 21.18.57

《Lサイズ》
値段:¥16848〜
サイズ:縦450mmx横450x高さ300
収納時:縦560mmx横640×32
重さ:5.3kg
詳細はこちらから!!

《Mサイズ》
値段:¥13608〜
サイズ:縦350mmx横350x高さ248
収納時:縦450mmx横515×32
重さ:3.5kg
詳細はこちらから!!

《Sサイズ》
値段:¥9288〜
サイズ:縦270mmx横270x高さ210
収納時:縦350mmx横410×25
重さ:1.8kg
詳細はこちらから!!
これも定番ですね!よくみかけます。三角形の側面板材は1.5mmもの厚さがあるステンレス製
なのでとても頑丈です。更にサイズがL, M, Sの3種類あります。オプションでグリルや収納バッグ
があるのも嬉しいですね。ただ収納サイズが大きいのが気になります。

 

8.VARGO バーゴ
(アメリカ ペンシルベニア)
Fire Box Grill チタン

スクリーンショット 2015-12-05 21.48.51 スクリーンショット 2015-12-05 21.49.43
値段:¥8800〜
サイズ:縦205mmx横205x高さ80
収納時:縦205mmx横110
重さ:284g
これは、ソロキャンプやカップルにオススメです。何といっても軽量でコンパクト。多少目が粗い
ですが、網も付いていますのでグリルとしても機能します。ちょっとしたキャンプならこれで十分
です。チタン製とは豪華ですね。ただ安定性が不安です。ステンレス製もあります。
詳細はこちらから!!

 

9.モノラル(東京)
Wireflame

スクリーンショット 2015-12-05 22.16.39 スクリーンショット 2015-12-05 22.17.58
値段:¥18144〜
サイズ:縦360mmx横360x高さ280
収納時:直径9cmx37cm
重さ:980g
耐荷重:3kg
2010年創立の新しい会社の製品です。これも軽量でコンパクト、見た目もカッコいいですね。
炭床のクロスの耐久時間は50時間。破れたら買い換えないといけません。交換用クロスは1枚
4000円位するので、初めからメッシュの炭床を買った方がいいと思います。
これはあんまり見かけませんね。みんなと同じが嫌な人にオススメです。
詳細はこちらから!!

10.UNIFLAME
ユニフレーム(新潟)
FireStand2

スクリーンショット 2015-12-05 22.42.59 スクリーンショット 2015-12-05 22.44.53
値段¥6000〜
サイズ:縦400mmx横400x高さ300
収納時:直径6cmx57cm
重さ:490g
金属メッシュの編み目は0.96mm。燃焼に必要な空気がスムーズに供給されるから火の付きが良く
放っておいても燃える。これも持ち運びに便利です。フレームはちょっと頼りないですが、これで
十分焚き火はできます。値段も手頃です。バックパッカーにオススメです。
詳細はこちらから!!

11.DOPPELGANGER
ライダーズファイアークレードル

スクリーンショット 2016-08-14 22.57.59スクリーンショット 2016-08-14 22.59.07
スクリーンショット 2016-08-14 22.58.12
値段¥4900〜
サイズ:幅68cmx奥55x高さ108
収納時:直径6cmx29cm
重さ:717g
「コーヒーを淹れる。煮炊きする。火を眺める。」これらすべてが楽しめるキャンプツーリング
用トライポッド。さらに特殊耐熱網を取り付けることで焚火台としても使うことができます。
収納サイズも小さくて持ち運びが楽です。ソロキャンパーにもオススメです。
詳細はこちらから!

まとめ

本当は焚き火台など使わずに直火で火を焚きたいところですが、山火事になってしまったら
大変なのでしょうがないですね。焚き火台はデザインも大事ですが基本的には機能性で選んだ
方がいいと思います。皆さんもゆっくり焚き火で暖まって下さいね。
こちらの記事もどうぞ!
おすすめアウトドア用品紹介!《まとめ》

ここまで読んで頂きありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 12月 28日

アウトドア用品《まとめ》

http://woogee.info/3318.html

おすすめ洋楽 My best【訳付】

おすすめ洋楽 My best【訳付】

パワーストーンで健康になろう!

パワーストーンで健康になろう!

キャンプと旅の日記

キャンプと旅の日記

僕の独り言

僕の独り言

ポイントサイトで10万円ゲット!

ポイントサイトで10万円ゲット!

おすすめ記事

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る