ノロウィルスの症状と予防対策!潜伏期間は12H〜72H 

こんにちは!今日はノロウィルスについて書いてみます。僕は以前医療系の仕事を10年程していま
した。その10年間で一度ノロウィルスの集団感染を目の当たりにしました。

何故か僕は感染しなかったのですが、その時の経験を元にノロウィルスの危険性と症状、予防対策
をわかりやすくお伝えしようと思います。ノロウィルスは冬場に流行しますので気をつけて下さい

 

スポンサーリンク

 

ノロウィルスとは?

生カキを食べて感染する事が多い事から、ノロウィルス感染症をO-157の様な細菌性の食中毒
同じように考えている方も多いと思いますが、
それは誤解です。
細菌とウィルスではまず大きさが違います

スクリーンショット 2015-10-15 0.27.31

この位違います。そして次に細菌は周りにある水や糖分を利用し細胞分裂を繰り返し自分の力で
増殖していきます。

一方ウィルスは単独では生存する事が出来ません 他の生物の細胞に寄生し増殖します。
そしてウィルスは寄生した細胞を死滅させながら増殖します。ウィルスは他の生物の細胞を死滅
させる事でしか生き残れないんです。

スクリーンショット 2015-10-15 4.35.00

人間でも時々ウィルスみたいな人見かけますよね
しかもノロウィルスは人の体内でのみ増殖します。小腸の表面の細胞のみで増殖します。他の場所
での増殖は確認されていないのです。

ノロウィルスとは人の小腸のみを住みかとし、自分が増殖する時にはその細胞を死滅させていく
という怖いウィルスなのです。

 

ノロウィルスの感染経路

人の小腸で増えたノロウィルスはその後どうやって他の人へ感染を拡大していくのでしょうか?
感染経路は主に2つです。

1.食品を媒介とする食中毒

スクリーンショット 2015-10-15 4.51.17
感染者の小腸で増えたノロウィルスは排泄物や吐物として体外に排出されます。
感染者の排泄物1g中には100万個以上吐物1g中には1000万個という膨大な数のノロウィルス
が含まれています。
そのうち20個のウィルスが人体に入っただけで感染してしまいます。非常に感染力が強いです。

これが川から海へと流れプランクトンに取り込まれていきます。そして牡蠣やアサリやハマグリ等
の貝類がノロウィルスに汚染されてしまいます。何故、牡蠣からの感染が多いか?というと、牡蠣
は陸の近くで養殖が行われているのと、生で食べる機会が多いからでしょう。牡蠣は鍋で食べた方
が無難だという事です。この場合、牡蠣が新鮮かどうか?は関係ありません。

2. 人から人への感染

人から人への感染の場合もウィルスの侵入は口からです。感染者の吐物を処理した人が、手洗いが
不十分のままドアノブなどを触り、そのドアノブを触った人がそのまま食べ物を触る。といった
感じで感染が拡大していきます。

また床やカーペットなどに広がった吐物などの処理が不十分で、それが乾燥した後にウィルスが
舞い上がり、それを吸い込んだ人が感染する「空気感染」も起こるとされています。
スクリーンショット 2015-10-15 4.57.52
この場合、普通のマスクではウィルスの侵入を防ぐ事は出来ません。普通のマスクではザルで水を
すくうようなものです。しっかりとした目の細かい医療用のマスクをしなければいけません。
気になる方はこちら

スポンサーリンク

 

ノロウィルスの症状

タイトルにも書きましたが潜伏期間は12h〜72hです。まず小腸に炎症を起こし腹痛、下痢
発症します。また胃の運動神経が低下、麻痺しますので胃の内容物を腸に送る事が出来ずに
吐き気、嘔吐が起こります。

特に嘔吐が突然、強烈に起こるのが特長です。嘔吐の際にはトイレに行く時間もなく、室内や
身の回りを汚してしまいます。これが感染拡大の大きな要因の一つです。高齢者施設や幼稚園では
感染拡大がしばしば起きています。

一般的に嘔吐は重症例では十数回見られる事もありますが、通常では2・3回で治るようです。
また38度程度の発熱を伴う場合もあるようですが、厚生労働省の報告では平成17年〜26年の
10年間で患者数は14万人、そのうち死者は0人という事なので、よほど免疫力が落ちていない
限り死ぬ事はないようなので安心してください。

 

 

ノロウィルスの予防対策

ノロウィルスに感染したとしても、直接効果のある薬は今のところまだありません。治療は点滴
や下痢止めといった対症療法が中心になりますので予防対策が’重要になってきます。

まず牡蠣を食べる場合には85度以上で1分間以上加熱するようにしましょう。
スクリーンショット 2015-10-15 5.03.48

次に手洗いです。ノロウィルスに関しては普通の石鹸では不活化できません。
次亜塩素酸ナトリウムなどで消毒する必要がありますがこのような消毒液でてを洗う事は出来ない
ので消毒薬を使った方がいいでしょう!

アルコール系の消毒薬ではノロウィルスを完全に不活化する事は出来ませんが十分の一以下に減少
出来ます。この場合、ノロウィルスを不活化できるというしっかりとした情報のあるアルコール
製剤を使わないと意味がありません。

僕が病院で使っていたのは(株)サラヤの「アルペットnv」というアルコール製剤です。また、流水
で30秒以上洗い流すと表面に付着しているウィルスはかなり除去できると聞いた事があります。
まず手洗いを徹底する事が先決です!

気になる方はこちら

 

もし家族に感染者がでてしまったら

ノロウィルス感染後は3週間程度大量のウィルスがふん便から排出されますのでこの間は特に注意
してください。排便の後手洗いが出来ない小さな子供やお年寄りは補助してあげてください。

トイレやトイレのドアノブなど感染者が触れたところは次亜塩素酸ナトリウム(200ppm)で消毒
します。タオルの共用は避け、お風呂やシャワーは家族の最後に入り、入浴前にお尻をよく洗って
下さい。

入浴後の浴室や使用後のトイレも次亜塩素酸ナトリウム(200ppm)で消毒してください。下着の
洗濯は10分間次亜塩素酸ナトリウム(200ppm)に浸したあとに家族とは別に洗います。感染者が
使用した食器や箸も下着と同じように
消毒してください。

※浴室やドアノブの消毒は噴霧ではなく、消毒液を浸した雑巾などで拭くようにしてください

 

※次亜塩素酸ナトリウムは購入しなくても家で作る事が出来ます。

市販の塩素系漂白剤には5〜6%の塩素が含まれています。「キッチンハイター」や衣料用の
「ハイター」で大丈夫です。
スクリーンショット 2015-10-15 5.30.28

※500mlのペットボトルに水を入れ、キャップの半分の量のハイターを入れれば、
約200ppmの次亜塩素酸ナトリウム溶液の出来上がりです。これを日の当たらないところ
に保管してください。
間違って子供が飲まないように気をつけてくださいね。
作るのが面倒な方はこちら

汚物の処理には汚物の処理キットなどを使うのが楽だと思います。小さいお子さんやお年寄りの
いる御家庭は1つ用意しておいてもいいかもしれません。
詳細はこちら

 

まとめ

ノロウィルスは夏場の食中毒とは違います。感染性胃腸炎の一種です。よく風邪の症状がお腹に
出る事がありますが、あれに近いですね。

僕が働いていた病院でも患者さんの吐物が原因で感染が広がり3日後にはスタッフの半分近くが
感染し、その翌日病院は休診となり大規模な消毒作業が行われました。

ノロウィルスは毎年11月〜2月頃が感染のピークです。冬だからといって油断せずに食事の前には
しっかり手を洗いましょうね!

ここまで読んで頂きありがとうございました
それでは!

病気の話《まとめ》

 

 

スポンサーリンク
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アウトドア用品《まとめ》

http://woogee.info/3318.html

おすすめ洋楽 My best【訳付】

おすすめ洋楽 My best【訳付】

パワーストーンで健康になろう!

パワーストーンで健康になろう!

キャンプと旅の日記

キャンプと旅の日記

僕の独り言

僕の独り言

ポイントサイトで10万円ゲット!

ポイントサイトで10万円ゲット!

おすすめ記事

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る