アウトドア キャンプ

最終更新日:2016/05/08

夏キャンプの恐怖

こんにちは!ユージンです。今日も暑いですねー本当に 僕は、キャンプが大好きです。
以前は会社勤めをしていたので、夏のお盆休みはほとんどキャンプしていました。

一度、テントやタープを設営してしまうと片付けるのが面倒なので、 大体一週間位はキャンプ
していました。夏は河原のキャンプがいいですね
涼しくて。でも油断してると、自然は突然牙を剥いてきます!

スポンサーリンク

 

二年前の夏友達と二人で河原でキャンプしようという事になりその当時、都会の暮らしに嫌気が
さしていたいた私たちは、なるべく人里離れた、水の綺麗な場所を探しました。そして山深い最高
の場所をみつけ、川の中州にテントを張りました
スクリーンショット 2015-10-11 15.52.03
中州にテント張っちゃダメですね。そして初日の夜の事です突然の雷と強風に襲われました。
まず最初に風が来ました。捲き上げるような強風が。テントとタープは簡単に飛ばされました。

荷物もドンドン飛ばされて、自分自身も飛ばされるのではないか? と本気で思いました。風は
恐ろしいです。次に来たのは雷と大雨です。 みるみるうちに川幅が広がり、中州が狭くなって
いきました。

でも幸いな事にその中州は、丘のようになっていたので、水の被害はそんなにありませんでした。
そして、一番恐ろしかったのは、雷です。とにかく雷が近いんです。もうすぐそこでゴロゴロ
ピカピカいってるんです。また時々落ちるんですよ。雷が落ち、稲妻が地面を走っていくのが
よく見えました。
スクリーンショット 2015-10-11 15.58.52

いつ自分のところに落ちてくるか?
と友達と二人で子供のように震えていました。
あの雷はマジで怖かったです。
音も、まるで爆発音のようでした。
恐ろしかったです。

でもまあこれは、天気予報をちゃんと確認していけば防げます。真夏のキャンプで最も気をつけ
なければいけないのは、虫です。人があまり来ない、水の綺麗なところに行けば行くほど虫たちは
大きく、アグレッシブになってきます。

同じ蚊でも、街で見かける蚊とは別物です。かなり野性的です。蚊だけではありません。
蜂やハエや蛾などの虫も元気いっぱいです。その中でも、最も苦しめられるのは、ブヨとよばれる
ハエを一回り小さくしたような虫です。
スクリーンショット 2015-10-11 16.04.04

水際にたくさんいて、泳いでいると刺されます。とにかく動きが速すぎて全然みえません。その上
刺されるとき結構痛いんです。蚊の10倍位痛いです。そして、2,3日経つと物凄く腫れて、物凄く
痒いんですよ。

しかもそれが1〜2週間続くという、
ちょっとした拷問のような症状を呈するのです。
ブヨには気をつけないといけません!

僕は、そのときブヨに体を20箇所以上刺され、
休み明けの仕事にかなり影響しました。
哺乳類の血を吸って生きるブヨにとって、
夏休みはビッグボーナスなのです。

ブヨは水の綺麗なところにしか生息できないそうです。真夏の水の綺麗な河原というのは、ブヨの
レストランです。みなさんも真夏に河原や湖畔でキャンプする際には、気をつけてくださいね!
それでは!
キャンプと旅の日記 《まとめ》

 

 

スポンサーリンク
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 1月 07日

キャンプグッツ一覧

キャンプグッツ一覧

アウトドアブランド解説

アウトドアブランド解説

おすすめ洋楽 My best【訳付】

おすすめ洋楽 My best【訳付】

ポイントサイトで10万円ゲット!

ポイントサイトで10万円ゲット!

キャンプと旅と独り言

キャンプと旅と独り言

アーカイブ

PAGE TOP