僕の独り言

最終更新日2015/08/06

水の日

どーも!ユージンです。今日は水の日らしいですね。

初めて聞きました。 なんでも、水の日というのは、

水資源の有用性、水の貴重さ、重要性について 国民の関心を高め、

理解を深めるための記念日だそうです。 なんと 1977年に制定されています。

今まで、全然知りませんでした。

学校でも習わなかった気がします。

夏は一杯水を使うから、節水しましょうという事なんだと思います。

各地でいろんなイベントが行われているようです。

確かに、日本は本当に水の豊富な国だと思います。 水道水は清潔で、

料金は安く、飲んでもお腹が痛くなる事はありません。

1年中お風呂に入れるし、湯船にお湯をためる事だって出来ます。

水が貴重な国からしたら、本当に恵まれています。

でも、日本に住んでいると、すぐに当たり前になってしまい、

水のありがたみなど感じなくなってしまいます。

まあしょうがないですよね。

そのために、水の日というのがあるんだと思います。

人間の体の約70%が水だといわれています。

地球の表面の約70%は海だそうです。

私たちは水に浮かんでいる水風船のようなものです。

水と共に生きています。

水を汚せば、結果的に自分の体を汚す事になるのです。

じゃあ水を汚さないためには、具体的に、

日常生活レベルで何をすればいいのか?

それがよくわからないんですよね。

生活排水はどうしても出てしまいます。

やっぱりなるべく減らす努力はするべきでしょうが、

限界があります。

次に、工場排水、これも仕方ないでしょう。

人間が今の生活を維持するにはどうしても、水を汚してしまいます。

人間の存在そのものが水を汚しているのです。

水は、人間だけのものではなく、みんなの共有物です。

植物や動物、魚や昆虫。みんな水無しでは生きられないのです。

水道料金を支払えば、水は使い放題。

僕は、今まで、そんな意識で水を 使ってきました。

でも本当は違うんですね。 水は常に循環しているんです。

水道料金はいわば、一時的なレンタル料です。

DVDのレンタルと同じ仕組みです。使った後は、

地球に返さなくてはならないのですから、

なるべく綺麗に使って返さなければなりませんよね。

今日は水の日なので僕なりに水について考えてみました。

結局のところ、水の大切さというものは、

1度水に不自由してみなければ、

なかなかわかるものじゃないという事だと思います。

難しいですね!じゃあまた!

スポンサーリンク
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

キャンプグッツ一覧

キャンプグッツ一覧

おすすめ洋楽和訳一覧

おすすめ洋楽和訳一覧

アウトドアブランド解説(国別)

アウトドアブランド解説(国別)

ポイントサイトで10万円ゲット

ポイントサイトで10万円ゲット

キャンプと旅と独り言

キャンプと旅と独り言

アーカイブ

PAGE TOP