アウトドア キャンプ

最終更新日2016/05/08

富士山の見えるキャンプ場レポート<本栖湖キャンプ場>

こんにちは!3日前から友達のキャンピングカー
で富士五湖の周辺をキャンプしながら
旅をしています。台風も去って今日はとても
気持ちいいです。

スポンサーリンク

 

さて本題ですが、昨日泊ったキャンプ場の紹介
をしたいと思います。場所は本栖湖の東岸に位置
する「本栖湖キャンプ場」です。赤松の林の中に
ある林間サイトです。
スクリーンショット 2016-01-17 23.05.59

着いたのは朝6時。気の遠くなる程の長雨の後
でした。入り口にある受付にまだ人影が
無かったので僕たちはサイトの奥に入り、場所を
確保してから受付を済ませました。

平日のせいなのか、雨のせいなのか?
僕たちの他にはキャンプ客はいませんでした。
とりあえず車を止め、湖に向かいました。
キャンプ場から湖までは歩いて2〜3分
といったところ。

無人の湖は周りの音すべてを吸い込み、
耳が無くなったかのような静けさでした。
本当に美しい湖です。水深は約120m。富士五湖の中で
最も深い湖です。
水は深い青色で、見ていると吸い込まれそうな
気がしてきます。

IMG_20150910_054740

その後サイトに戻りバーベキューを
するつもりでしたが、空気や土が湿度99%で
全く火がつきません。仕方なく
お湯を沸かしカップラーメンを食べました。
たき火が出来ないキャンプなんて
キャンプと呼んでいいんでしょうか?

その後また雨が降ってきて
キャンピングカーに避難。
全く良く降ります。うんざりです。
キャンピングカーは居心地いいですが、
やっぱり長時間いると息が詰まってきます。
雨はだらだらと続き、
なかなか止みませんでした。

僕たちはしびれを切らし小雨の中、たき火
に挑戦しました。極度に湿った空気の中、男3人
で必死の火起こしです。約1時間の格闘の末、
ようやく僕たちは、安定した炎を勝ち取りました。
魚を焼き、肉を焼き、酒を飲み
小さな炎を囲んでのささやかな夕食。
生きてる感じがしました。
スクリーンショット 2016-01-17 23.08.44

ところでこのキャンプ場、林間サイトはきれいで
直火でたき火もできて、居心地いいんですが、
奥に行くと使わなくなった古いコテージが並んで
いて、というかコテージというより強制収容所の
ような趣の建物がかなりの数散在していて、
夜になると不気味です。

そんな時に友達が
「実はこのキャンプ場幽霊が出るらしい」なんて
話を始めたので、僕たちは
震え上がってしまいました。
近くの水場に行くのも怯える始末。
天気が悪かったせいもありますが、森全体に漂う
ジメットした空気。十分説得力がありました。
まるで魔界村に迷い込んだような気分でした。
自然のパワーを感じました。

old-window-163170_1280

トータルではとてもいいキャンプ場だと思い
ますが霊感が強い方は心して行かれた方が
いいかもしれません。
でも直火OKはいいですよね!
あと雨の後は、落ちている薪が全く燃えないので
気をつけて下さい。それでは!

ここまで読んで頂きありがとうございました。
こちらの記事もどうぞ
キャンプと旅の日記 《まとめ》

 

 

 

スポンサーリンク
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 12月 31日

キャンプグッツ一覧

キャンプグッツ一覧

おすすめ洋楽和訳一覧

おすすめ洋楽和訳一覧

アウトドアブランド解説(国別)

アウトドアブランド解説(国別)

ポイントサイトで10万円ゲット

ポイントサイトで10万円ゲット

キャンプと旅と独り言

キャンプと旅と独り言

アーカイブ

PAGE TOP